FORBELL TOWN物語


FORBELL TOWN 完成までの道程

1.元々は山林でした。

京王線「東府中」駅から府中競馬場方面に8分程歩くと、緑豊かで手入れの行き届いたブリヂストン創業家の私邸・鳩林荘があります。この存在感のある和風庭園の雰囲気が、この辺り一面に広がっています。

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%99%82%e5%b1%b1%e6%9e%97%e2%91%a6

その隣接に位置する、鬱蒼とした山林が「FORBELL TOWN 東府中」計画地。さてこの山林、この後どうなっていくのでしょう?

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%99%82%e5%b1%b1%e6%9e%97%e2%91%a0

%e5%a5%91%e7%b4%84%e6%99%82%e5%b1%b1%e6%9e%97%e2%91%a4

http://www.forbell.co.jp

 

2.まずは樹木の伐採・伐根をします。

とにかくこれらの大木たちを伐採・伐根していかないことには何も始まりません。そしてこの規模を扱える人はやはりこのお方、フオベル庭園管理部の頼りになるパートナー・うえかず造園の野村社長。

%e3%81%86%e3%81%88%e3%81%8b%e3%81%9a%e9%87%8e%e6%9d%91%e6%b0%8f

うえかず造園の皆さんが、圧倒的なチームワークで次々と伐採します。すごいスピード感。高所作業もロープを使って巧みにこなしていきます。

%e4%bc%90%e6%8e%a1%e2%91%a0

%e4%bc%90%e6%8e%a1%e2%91%a4

%e4%bc%90%e6%8e%a1%e2%91%a8

正にプロの仕事。本当に綺麗になりました。あの山林状態が嘘のようです。

http://www.forbell.co.jp

 

3.残置物もしっかり撤去します。

樹木が綺麗に伐採されると、今度は不法に廃棄されたものが目に付きます。自転車2台、バイクが1台、フェンスのようなもの数点…。こうなれば残置物撤去のプロ・株式会社プロムナード・スマイル飯塚社長の登場です。

%e6%ae%8b%e7%bd%ae%e7%89%a9%e2%91%a1

%e6%ae%8b%e7%bd%ae%e7%89%a9%e2%91%a3

バイクのエンジン、すごく重かったみたいで…ありがとうございました。

http://www.forbell.co.jp

 

4.前面道路に下水道本管を敷設します。

計画地の前面道路には、なんと下水の本管が入っていません。そこで府中市下水道課と緊急ミーティング。株式会社エーワン大槻社長&株式会社マンバック下地氏による下水管敷設工事が始まりました。頼りになるお二人です。

%e5%a4%a7%e6%a7%bb%ef%bc%86%e4%b8%8b%e5%9c%b0

%e4%b8%8b%e6%b0%b4%e2%91%a0

公共工事のスケジュールが目一杯の中、当計画のために時間を割いて施工してもらいました。難しい工事だったとのこと、本当にお疲れ様でした。

http://www.forbell.co.jp

 

5.擁壁を設置し、土地を平らにしていきます。

さてお次は擁壁設置工事です。北側の道路からフラットに住棟内アクセスするためには、南側の敷地(JRAさんご所有の緑地帯)から、2Mほど地盤を高くしないとなりません。でもこうすることで南向きのひな壇が完成し、陽当りも抜群になるのです。

こやま①

地ならし①

府中市役所・埋蔵文化財課の調査員さんが立ち会われましたが、 重要文化財は発掘されませんでした。 ということで、擁壁工事は一気に進みます。

文化財課立会い

擁壁完成(正面)

http://www.forbell.co.jp

 

 6.地鎮祭&安全祈願祭を行いました。

造成工事が完了し、宅盤が出来上がったので、大國魂神社の神主様をお呼びしての地鎮祭&安全祈願祭を執り行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

事業主・設計・施工の各関係者にて、無事に祈願を終了。

http://www.forbell.co.jp

 

7.いよいよ本体工事着手です。

盛土した地盤はゆるいため、柱状改良という地盤補強を行い、 その上でベタ基礎という基礎工事をします。

IMG_4180

IMG_4220

IMG_4533

建て方に入れば一気に上棟。土の画像ばかりでしたから、 ここからは建物メインでご覧下さい。

IMG_4557

IMG_4884

制震装置GVAは8箇所入ります。

IMG_4943

完成した外観です。陽当り抜群!!

外観縮小

外構には随所にピンコロ石を敷きます。

Bピンコロ

玄関ホール

C-キッチン

洗面カウンターの幅は1.2mが標準です。広いでしょ

C洗面

3階の眺望。花火もバッチリ鑑賞できます

A3F-眺望

遠景②

http://www.forbell.co.jp

 

8.完成後は分譲します。

山林が3棟の新築住宅に生まれ変わり、大好評の中全棟ご成約。
夏はセミの大合唱、秋は大量の落ち葉という…都会でありながら 大自然の中で暮らす贅沢さを、存分に味わっていただきます。

 

http://www.forbell.co.jp

 

いかがだったでしょうか。
FORBELL TOWNの完成までを早足でご覧いただきました。

住宅開発事業は、チームワークの賜物。
フオベル47年の社歴は、まんざら捨てたものではありません。

これからのFORBELL TOWNにも、是非注目して下さいね。
それでは。

 

http://www.forbell.co.jp